生環境構築史

構築4グラフィック:ニワカニワ 小阪淳


Niwakaniwa: Improvised Gardens Jun Kosaka


构筑4的图形:即兴之庭

UPDATED SEMI-ANNUALLY [2022.5.6 UPDATE]

第4号特集:構築4の庭へ

Imagining the Gardens of Building Mode 4

走向构筑4之庭

鏡の日本列島4:芭蕉と歩く「改造」後の日本列島 伊藤孝


Mirrored Japan 04: The “remodeling” of the Japanese archipelago and its expression in the works of Basho Takashi Ito


镜中的日本列岛-4:与松尾芭蕉同游“改造”之后的日本列岛

    編集後記平倉圭+青井哲人+日埜直彦+松田法子+マシュー・ムレーン

    EDITORIAL POSTSCRIPTKei HIrakura+Akihito Aoi+Naohiko Hino+Noriko Matsuda+Matthew Mullane

EDITOR

PICKUP

Twitter2021.9.8
現代都市に多様な微生物による(in)visible forestを発酵させながら、それらを受容・拡散する器としての建築設計・都市デザインを実装していき、生環境構築史 様式4の生環境を構築してMultispeciesを複雑に相互作用させることで、都市居住者のHolobiontをMicrobiome Re-wildingしていきたい!
Twitter2021.9.4
『現代思想』総特集・小松左京、2021年10月臨時増刊号が届きました。情報めちゃくちゃ多いです。 生環境構築史名義で、松田法子さん、小阪淳さんと、《重力と構築様式》をめぐる短編を投稿しました。 https://t.co/yKuj4xq9LE
Twitter2021.8.30
生環境構築史、むちゃくちゃアツい。 > 構築4は、構築0や1への再帰ではない。 > 構築4ではこれまでの構築様式の再配置と活用が模索される。特に構築3との批評的併存が必要だ。 https://t.co/LRf4TTUKWU https://t.co/NjUt4uXgg0
Twitter2021.5.19
“温泉町”や水際の土地の研究から、地球的な時間の視点で都市や建築、居住を捉える研究へ──。その思索の変遷と、新たに打ち立てた「生環境構築史」の概念を松田が語った。 https://t.co/n3cMMr04QJ
Twitter2021.5.14
今週は「生環境構築史」の松田法子先生まつり。水と陸地が絶え間なく交錯する汀(みぎわ)から人と地球の共構築を探る素敵な連載が始まりました。 100世代後のわたしたちは、地球にどのような存在として生きているだろうか?:松田法子・新連載『人と地球の共構築に向けて』 https://t.co/3TRrQtj171

準備号

Inaugural Preparatory Issue

创刊筹备期

協賛/SUPPORT サントリー文化財団、一般財団法人窓研究所 WINDOW RESEARCH INSTITUTE